【パリモーターショー14】韓国 サンヨン、XIV-エア 初公開…2015年市販のSUVを示唆

自動車 ニューモデル モーターショー

サンヨン XIV-エア(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-エア(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-エア(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-エア(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-エア(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-エア(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-エア
  • サンヨン XIV-エア
  • サンヨン XIV-エア
韓国のサンヨン(双竜)自動車は10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、コンセプトカーの『XIV-エア』を初公開した。

サンヨンは2011年9月、フランクフルトモーターショー11にコンセプトカーの『XUV1』を出品。その後、2012年3月、ジュネーブモーターショー12では、コンセプトカーの『XIV-2』を初公開した。

パリモーターショー14で初公開したコンセプトカーのXIV-エアは、一連のコンセプトカーの発展形。プレミアムCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)を提案している点に変わりはなく、車名のXIVには、エキサイティングユーザー・インターフェイス・ビークルの意味が込められている。

XIV-エアの特徴は、車名が示す通り、オープンエアが楽しめるモデルとしている点。SUVでオープンという数少ないモデルを提案した。

搭載エンジンは、1.6リットル直列4気筒のガソリンとターボディーゼル。トランスミッションは6速MTと6速AT。欧州で重視されるCO2排出量は、最も低い仕様で110g/kmに抑えた。

なお、サンヨンは、このXIV-エアの市販版を、2015年に『X100』の名前で投入する計画。同社は、「BセグメントSUVに、スタイル、機能性、利便性を提供する」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集