【パリモーターショー14】ジヤトコ初出展、CO2削減に寄与するCVT技術を紹介

自動車 ビジネス 企業動向

ジヤトコ・ブースイメージ
  • ジヤトコ・ブースイメージ
自動車用変速機の専門メーカー、ジヤトコは、開催中の「2014年パリモーターショー」に初出展した。欧州の主要モーターショーにジヤトコが出展するのは2001年のフランクフルトモーターショー以来となる。

欧州のCO2排出規制は、世界の中でも特に厳しい水準にあり、今後さらに強化される見込みだ。そうした背景から、ジヤトコはCO2排出量削減に寄与するCVTを中心とした技術を、欧州の顧客に紹介する。

出展を通じてジヤトコは、CVTの燃費性能・環境性能、および車両電動化に対するポテンシャルの高さを訴求し、欧州市場のニーズに合致した、主力の変速機として受け入れられることを目指す。

CVTコーナーでは、環境にやさしくスポーティな走りを実現できる新世代CVTを、ステップATコーナーでは、大型FF車向け6速ATを展示。また、ハイブリッドコーナーでは、ステップATベースのFRハイブリッド車用トランスミッションと、CVTベースのFFハイブリッド車用トランスミッションを展示。加えて、CVTの模型を使い、変速の仕組みをわかりやすく理解できる体験コーナーを設置した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集