【CEATEC 14】ホンダ、スマート水素ステーションの実物大モックアップを展示

自動車 ビジネス 企業動向

CEATEC 14・ホンダ ブースイメージ
  • CEATEC 14・ホンダ ブースイメージ
ホンダは、10月7日から11日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2014」に、「スマート水素ステーション(SHS)」の実物大モックアップや、燃料電池自動車からの外部給電を可能にする「可搬型インバータボックス」などを展示する。

今回の展示では、「SUISO JAPAN powered by Honda」をブースコンセプトに、「つくる」「つかう」「つながる」という3つのテーマで、来るべき水素社会におけるクルマとともにワクワクする生活を提案する。

「つくる」をテーマとした展示では、スマート水素ステーション(SHS)の実物大モックアップを展示する。SHSは、ホンダ独自のコンプレッサーが不要な高圧水電解システムを採用。岩谷産業との共同開発により高圧水素タンクから充填ノズルまでの主要構成部位を世界で初めてパッケージ型に収納した。ブースではモックアップを使い、水素をつくるシステムを分かりやすく紹介する。

「つかう」のテーマでは、水素ステーションで作った水素を化学反応させて取り出した電気を使ってモーター走行する、燃料電池自動車の技術を紹介。フォーミュラカーに見立てた、水素エネルギー利用のコンセプトを楽しく体感できる装置も展示する。

「つながる」のテーマでは、燃料電池自動車に可搬型インバータボックスを組み合わせることで「移動できる小さな発電所」とし、クルマが作る電力をコミュニティに提供することで、クルマが暮らしとつながる新しい姿を紹介する。

さらに、周辺のお勧め店舗情報などを配信する、インターナビの新サービス「ROAD H!NTS」を紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集