大分地区で鉄道イベント…大分車両センターや豊後森機関庫など

鉄道 企業動向

JR九州大分支社などは10月、大分県内の豊後森機関庫跡地(玖珠町)や大分車両センター(大分市)などで鉄道イベントを開催する。

大分車両センターのイベント「トレイフェスタ2014」は10月25日の9時から15時まで開催。会場最寄駅は日豊本線の牧駅だが、当日は大分駅から車両センターまで直通する臨時列車が運転される。

玖珠町商工会が主催する豊後森機関庫跡地の「第12回機関庫まつり」は10月12日に開催。開催時間は10時から16時までで、外周316mのミニSLを初めて運行するほか、アルミカートの試乗、機関庫の案内会、鉄道グッズの販売などが行われる。最寄駅の久大本線豊後森駅からは徒歩3分。

このほか、10月19日に大分駅の上野の森口広場で、鉄道に関する音を口や身体で表現する「SUPER BELL”Zライブ&エアトレイン大会」が開催される。参加できるのは3歳以上で、豊後にわさき市場運営室まで電話による申込みが必要。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集