【ダイハツ デカデカ 市販技術発表】上田執行役員、ハスラー との違いは「4人乗って、しっかり積める」

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツは東京モーターショーで発表した「DECA DECA」をベースとした新型軽自動車を発売する(写真はコンセプトカー)
  • ダイハツが11月に発売する「DECA DECA(デカデカ)」べースの新型軽自動車
  • ダイハツ技術本部副本部長の上田亨執行役員
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
ダイハツ工業は9月29日に技術本部副本部長の上田享執行役員が都内で記者会見し、コンセプトモデルの『DECA DECA(デカデカ)』をベースにした新型軽自動車の技術説明を行った。今年11月に別の名称で発売する。

新型車は軽最大の室内空間である「ウルトラスペース」や、運転席からの視界の広さを訴求した「ファインビジョン」などを売りに、登録車から移行するユーザーの獲得をめざす。用途は買物など日常生活だけでなく、「レジャーで使うシーンも強く意識した」(上田氏)という。

今年の軽のヒットモデルとしては、”遊びクルマ”として新ジャンルを開拓しているスズキの『ハスラー』がある。ダイハツの上田氏は新型車とハスラーの違いを聴かれ、即座に「この新モデルは4人乗って、しっかり荷物も積める」と指摘した。

例えば、トランクスぺ―スの最後部にはゴルフバッグが縦置きで3個積めるようになっている。ハスラーのように外観にはSUVのテイストはないものの、「ウルトラスペース」による使い勝手で、レジャーユースもしっかりアピールする構えだ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集