鉄道総研とDB研究機関、トンネル微気圧波の共同研究協定を締結

鉄道 企業動向

共同研究協定書に署名する鉄道総研の熊谷則道理事長とDBSTのHans Peter Lang社長。トンネル微気圧波の予測手法と評価手法について共同研究を行う。
  • 共同研究協定書に署名する鉄道総研の熊谷則道理事長とDBSTのHans Peter Lang社長。トンネル微気圧波の予測手法と評価手法について共同研究を行う。
日本の鉄道総合技術研究所(鉄道総研)とドイツ鉄道(DB)グループのドイツ鉄道システム技術会社(DBST)は9月24日、ベルリン市内で開かれた第10回国際鉄道技術専門見本市(イノトランス2014)会場で共同研究協定書の調印を行った。

鉄道総研によると、DBSTはDBグループへの技術的なサービスを提供するとともに、国際的な鉄道市場で顧客サービスを提供している。鉄道総研とは15年に渡り、鉄道の空気力学に関する情報交換などの交流がある。

今回の共同研究では、トンネル微気圧波の予測手法と評価手法について、日独の異なるトンネルや列車の諸元を踏まえて比較検証し、鉄道総研が持つ予測手法の適用範囲の拡大を目指す。この研究により、両者のトンネル微気圧波の予測精度が向上することなどが期待できるという。これに伴い鉄道総研は、DBSTに研究員を1人出向させる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集