【リコール】スマート フォーツー…冷却水漏れのおそれ

メルセデス・ベンツ日本は9月24日、スマート『フォーツークーペ』などのヒーターシャットオフバルブに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

自動車 ビジネス 企業動向
現行スマート フォーツー
  • 現行スマート フォーツー
  • 改善箇所
メルセデス・ベンツ日本は9月24日、スマート『フォーツークーペ』などのヒーターシャットオフバルブに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『フォーツークーペ』『フォーツークーペ ターボ』『フォーツークーペ ブラバス』『フォーツー カブリオ』『フォーツー カブリオ ターボ』『フォーツー カブリオ ブラバス』の6車種で、2010年10月26日~2014年7月26日の間に輸入された4504台。

ヒーターへの冷却水の流入を制御しているヒーターシャットオフバルブにおいて、当該バルブ内部の設計が不適切なため、冷却水が内部で漏れるものがある。そのため、漏れた冷却水が気化して電子基板へ結露することでショートが発生して当該バルブが作動不良となり、最悪の場合、電子基板が過熱して火災に至るおそれがある。

全車両、ヒーターシャットオフバルブの機能を停止させる。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場およびドイツ本国からの報告でわかった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集