北総鉄道、10月4日から秋季フリー切符発売

鉄道 企業動向

10月4日から発売される「北総線1日乗車券」は、北総線全区間が土曜・休日に限り1日自由に乗り降りできる。写真は北総線の新鎌ヶ谷駅。
  • 10月4日から発売される「北総線1日乗車券」は、北総線全区間が土曜・休日に限り1日自由に乗り降りできる。写真は北総線の新鎌ヶ谷駅。
  • 10月4日から発売される「北総線1日乗車券」は、北総線全区間が土曜・休日に限り1日自由に乗り降りできる。写真は北総線の千葉ニュータウン中央~印西牧の原間。
北総鉄道は10月4日から、秋季行楽シーズン向けのフリー切符「北総線1日乗車券」を発売する。

今回の発売日は10月4日から11月3日までの土曜・休日。北総線各駅窓口と京成高砂駅の定期券発売所で発売する。発売当日に限り、北総線の京成高砂(東京都葛飾区)~印旛日本医大(千葉県印西市)間32.3kmが自由に乗り降りできる。

発売額は大人1000円・子供500円。大人の場合、京成高砂~印旛日本医大間の通常往復運賃(IC1604円・切符1620円)より約600円安くなる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集