マツダ アクセラ、米国で2015年型…2.5リットルに6速MT追加

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ 新型アクセラ 北米仕様車
  • マツダ 新型アクセラ 北米仕様車
  • マツダ 新型アクセラ 北米仕様車
  • マツダ 新型アクセラ 北米仕様車
マツダの米国法人、北米マツダは9月中旬、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)の2015年モデルを発表した。

2015年モデルは、新型の投入から1年半と間もないため、内外装は変更を受けていない。パワートレインの追加が、ハイライトとなる。

米国向けの2015年モデルでは、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV‐G」と、6速MTの組み合わせが実現。従来2.5リットルは、6速ATのみが用意されていた。

この2.5リットルは、最大出力184hp/5700rpm、最大トルク25.6kgm/3250rpmを発生。日本仕様のアクセラには設定されないが、『アテンザ』と『CX-5』にはラインナップされている。

6速MTは、「SKYACTIV‐MT」と呼ばれる。北米マツダは2.5リットルエンジン搭載車に6速MTを追加することで、顧客のニーズに対応していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集