日産自動車と横浜市、超小型EVによるワンウェイ型カーシェアの実証実験を延長

エコカー EV

チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
  • チョイモビ ヨコハマ
日産自動車と横浜市は9月19日、昨年10月より1年間の期間期限で実施している、ワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を、1年間延長すると発表した。

チョイモビ ヨコハマは、日産の超小型電気自動車(EV)「ニューモビリティコンセプト」を活用したワンウェイ型大規模カーシェアリング。昨年10月11日から「低炭素交通の推進」「都市生活・移動のクオリティアップ」「観光の振興」を目的に、今年9月30日までの約1年間の期間限定で横浜市とともに実証実験を行ってきた。

実証実験は63か所131台分のステーションで実施。9月15日時点での会員数は1万651人と、当初計画の1万人を上回っている。また、1回あたりの利用時間は約16分、移動距離は約3kmだった。

利用者からは、「近所への足にとても重宝している」「実証実験ではなく本格始動をしてもらいたい」「小型で乗りやすい」「横浜のランドマークになっている」など、継続・実用化を求める声が寄せられていた。

10月1日から2015年9月末までの実証実験第2期では、第1期の利用実績をもとに、実施内容を若干修正。運用車両を70台から50台に減らし効率化を図るほか、ステーション配置も利用実績をもとに最適化する。また、会員登録を有料化、個人利用に2つのプランを導入するなど、料金体系の見直しも行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集