ジェーン・バーキン、みずから「バーキン」をチャリティ出品…アフリカ支援で

貧困都市の孤児のためアフリカの貧しい孤児たちの教育支援のため、イギリス・ロンドン生まれの女優・歌手のジェーン・バーキンが、自身の名前がついたエルメス…

エマージング・マーケット 中東・アフリカ
貧困都市の孤児のため
アフリカの貧しい孤児たちの教育支援のため、イギリス・ロンドン生まれの女優・歌手のジェーン・バーキンが、自身の名前がついたエルメスの高級バッグ「バーキン」の1つを競売にかける。

(画像はイメージ、Wikimedia Commonsより)


アフリカの貧困都市の孤児たちに美術教育を提供する「アンノズ・アフリカ」の基金集めに賛同し、「バーキン」を同団体のオンラインオークションに出品することに決めたという。

520万円以上の落札予想
高級バッグ「バーキン」は、パリからロンドンに向かう飛行機で、ジェーンの隣に偶然座ったエルメス元社長のジャン=ルイ・デュマが1981年、ジェーンのために週末向けのレザーバッグを作ったのが誕生のきっかけだ。

「バーキン」の通常の小売価格は、4800ポンド(約83万円)から10万ポンド(約1700万円)に及ぶ。バーキンが出品するバッグは最低落札価格が1万ポンド(約170万円)に設定されており、3万ポンド(約520万円)以上の落札が予想されている。

ジェーンは英タブロイド紙の取材に、自身のバッグがアンノズ・アフリカを支援するため、競売にかけられことを明言。バッグが、ケニアのスラム街に役立てられるとし、売り上げによって、アート、ダンス、音楽、サーカスなどの楽しみが提供でき、何百人もの子供たちに希望や将来を与えることができると述べた。

また、ジェーンの甥にあたり、21歳の誕生日を迎える前に交通事故で死亡した詩人アンノ・バーキンの名前が冠されたチャリティを援助することが、出品するバッグにとっての「素晴らしい最後」と語った。

ジェーンの娘で、フランスで女優、歌手として活躍するシャルロット・ゲンズブールも、アンノ・バーキンへの追悼の意味も込めた同チャリティに向けて、自身のサイン入りのバレンシアガ・シティ・バッグを出品するという。

ジェーン・バーキン、アフリカ支援でエルメスの高級バッグ「バーキン」をオークションに出品

《アフリカビジネスニュース》

編集部おすすめのニュース