日本信号、北海道新幹線のホームドア受注

鉄道 企業動向
新函館北斗駅の完成予想図。日本信号は同駅を含む北海道新幹線3駅のホームドアを受注した。
  • 新函館北斗駅の完成予想図。日本信号は同駅を含む北海道新幹線3駅のホームドアを受注した。
  • 奥津軽いまべつ駅の完成イメージ。同駅にも日本信号のホームドアが設置される。
日本信号は9月18日、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)から北海道新幹線3駅の可動式ホームドアを受注したと発表した。

同社が受注したのは、2015年度末の部分開業が予定されている新青森~新函館北斗間のうち、奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)と木古内駅(北海道木古内町)、新函館北斗駅(北斗市)の3駅。このうち木古内駅と新函館北斗駅は、外気が直接入らない地下鉄の駅を除くと道内初のホームドア設置駅になる。

日本信号は「北海道では、ホームドアを導入すること自体が初の試みであったため、当社のホームドアは寒さや雪の付着等に耐えられる対策を施した仕様といたしました」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集