JR西日本、博多総合車両所の一般公開イベント開催…10月19日

鉄道 企業動向
10月19日に開催される「新幹線ふれあいデー」の案内。山陽新幹線の博多総合車両所を公開する。
  • 10月19日に開催される「新幹線ふれあいデー」の案内。山陽新幹線の博多総合車両所を公開する。
  • 「新幹線ふれあいデー」で展示される予定のN700系。今回は山陽新幹線全通40周年を記念し、ドクターイエローの車内見学なども行われる。
JR西日本は10月19日、博多総合車両所(福岡県那珂川町)の一般公開イベント「新幹線ふれあいデー」を開催する。開催時間は10時から16時まで。

当日は0系や高速試験車両WIN350、100N系2階建て食堂車、700系、N700系、新幹線電気軌道総合試験車(ドクターイエロー)といった新幹線車両や保守用車両を展示。台車走行試験装置の見学や車両ジャッキアップの実演(10時30分・11時30分・13時・14時)、救援連結器の取扱い模擬実演(11時・14時)、パンタグラフやドア開閉の動作体験、非常停止ボタンの取扱い体験、新幹線の歴史パネル展示なども行われる。

また、今回は山陽新幹線博多開業40周年記念の特別企画としてドクターイエローの車内見学(100組限定)と700系・N700系の運転台見学(600組限定)も行われる。郵便はがきによる申込みが必要で、1組4人まで申し込むことができる。締切は9月27日(必着)。

開催に合わせて博多~博多南間の往復乗車券と往復特定特急券がセットになった「山陽新幹線博多開業40周年記念『新幹線ふれあいデー』往復きっぷ」も発売される。発売額は大人600円・子供300円で、発売枚数は大人2万枚・子供1万枚。10月19日の9時から17時まで、山陽新幹線博多駅1階の臨時専用発売窓口で発売する。

博多総合車両所へは、博多南線の博多南駅から徒歩15分。当日は博多発5本、博多南発6本の臨時列車が運転されるほか、博多南駅前ロータリーから無料シャトルバスも運行される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集