【スマート フォーツー ed ディズニー仕様 発表】本国担当者も驚き、熟練職人が手掛けたミッキー

自動車 ニューモデル 新型車

スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
  • スマート・フォーツー EV ディズニーエディション
メルセデスベンツ日本から発売された、限定40台のスマート『フォーツー エレクトリックドライブ エディションディズニー』は、「スマートブラバステーラーメイド」というカスタムオーダープログラムで作られた。

同社商品企画・マーケティング部部長の阿佐見薫氏によれば、スマートブラバスのスローガンは「“anything is possible” お客様の願いを全てかなえる」である。

これをもとに、「スマートブラバス社の工房では、熟練したマイスターが、細部にまでこだわり、1台1台手作りで内外装のフルカスタムオーダーのクルマを丹念に仕上げている」という。

このエディションディズニーも、「“ミッキーマウスをいつも一緒に感じられるクルマを”という願いをかなえるため、エンブレムのデザインから、ステッチの色、フォルム、バランスにまで、全てに妥協することなく仕上げていった。そうして、ディズニーとメルセデスベンツの高い要求に、100%答えた1台が出来上がった」と仕上がりに自信を見せる。

また、スマートブランドマネージャーの島川杏子さんは、製作工程について、「フランスのハンバッハにあるスマートの工場で組み立てた後、ドイツのモトロックにあるスマートブラバス社の工房に送り、オーダーに合わせてひとつひとつパーツを外して、シートなどに刺繍などを全て縫い付けている」と説明。

島川さんは、「我々とディズニーのコラボレーションによる究極の世界40台という強い思い入れが伝わり、スマートブラバス社も難しいステッチなどに対応してくれた」と話す。

ちなみに、「スマートブラバス社の最初の反応は、“Oh Disney!!”と世界共通の笑顔でのリアクションだった」とコメントした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集