GMのインド工場、初の海外輸出を開始…シボレー ビート をチリに出荷

自動車 ビジネス 企業動向
GMのインド工場からチリに向けて出荷されるシボレービート
  • GMのインド工場からチリに向けて出荷されるシボレービート
米国の自動車最大手、GMは9月11日、インドのタリーガアン工場から初の海外向け輸出を開始した、と発表した。

タリーガアン工場は、インド西部のマハラシュトラ州に位置。GMの主力ブランド、シボレーのコンパクトカーを主に組み立てている。

9月11日、タリーガアン工場では、同工場の初の海外向け輸出車両として、シボレー『ビート』がラインオフ。インド訪問中のGMのメアリー・バーラCEOらが、同車のラインオフを祝福した。

このビートは、南米チリに向けて出荷。チリでは2015年初頭から、ビートの納車が開始される予定。

GMのメアリー・バーラCEOは、「インドはシボレーにとって、重要な市場。小型車の需要が多く、急成長している。インドは2020年までに、世界3大市場の仲間入りを果たすだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集