【ロサンゼルスモーターショー14】クライスラー 300 / 300C、大幅改良車を初公開へ

自動車 ニューモデル 新型車
現行クライスラー300/300C
  • 現行クライスラー300/300C
  • 現行クライスラー300/300C
  • 現行クライスラー300/300C
米国の自動車大手、クライスラーグループのクライスラーブランドの上級セダン、『300』/『300C』。同車が今秋、大幅改良を受けることが確定した。

これは9月上旬、クライスラーグループが明らかにしたもの。同社は、「11月に米国で開催されるロサンゼルスモーターショー14において、クライスラー300 / 300Cの大幅改良車を初公開する」と発表している。

現行クライスラー300/300Cは2011年、2代目モデルとして誕生。搭載エンジンはガソリン2種類。3.6リットルV型6気筒は、最大出力300ps、最大トルク36.5kgmを発生。5.7リットルV型8気筒「HEMI」ユニットは、最大出力370psを引き出す。V8には、巡航時などの低負荷走行の際、8気筒の半分の4気筒を停止する気筒休止システムを採用。

今秋、デビューから3年を経て、大幅改良を受けることが決まったクライスラー300/300C。現時点では、その内容は公表されていない。

クライスラーグループは、「米国では2015年初頭、販売を開始する」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集