オーテック、ウイングロード ライダー と LVシリーズを改良…VDCを標準装備

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、『ウイングロード』の一部仕様変更に合わせ、カスタムカー「ライダー」と福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズの仕様を一部変更し、9月12日より発売した。

自動車 ニューモデル 新型車
オーテック・ウイングロード ライダー
  • オーテック・ウイングロード ライダー
  • 運転席マイティグリップ
日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、『ウイングロード』の一部仕様変更に合わせ、カスタムカー「ライダー」と福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズの仕様を一部変更し、9月12日より発売した。

今回の一部仕様変更ではベース車と同様に、全車にVDC(横滑り防止装置)を標準装備し、あわせて一部グレード体系を見直した。

ライダー、アンシャンテ 助手席スライドアップシート、運転席マイティグリップ装着車の全車は、「環境対応車普及促進税制」による減税措置により自動車取得税が60%、自動車重量税が50%の減税となる。

価格はライダーが235万4400円。アンシャンテ助手席スライドアップシートは233万8200円から、運転席マイティグリップは210万0600円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集