ケーヒン、天然ガス車専用の新型燃料供給システムを開発…ホンダのシティCNGに採用

自動車 ビジネス 企業動向

ケーヒン、新型NGVシステムを開発
  • ケーヒン、新型NGVシステムを開発
ケーヒンは、天然ガス自動車用に専用開発した新型燃料供給システム(NGVシステム)を開発した。

今回開発したNGVシステムは、旧モデルと同等以上の性能を維持しながら、小型・軽量化によりガス燃料自動車の低燃費化に貢献する。加えて、同社独自の制御システムにより、小型車から大型車、過給器付きエンジン、液化石油ガス(LPG)車など、幅広い車種・エンジンへの搭載を可能にするとともに、システム全体の低コスト化も実現する。

NGVシステムはインジェクター、2ndECU(電子制御ユニット)、プレッシャーレギュレーター、オイルトラップフィルターなどで構成する。

天然ガスなどを燃料とするガス燃料自動車は、ガソリン車に比べて二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスや、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)などの有害物質の排出が少なく、燃料価格が比較的安価であるため、東南アジアを中心に増加傾向にある。

同社は今回のシステムをさらに進化させ、2020年にはNGVのグローバルシェア30%を目指す。

今回開発したNGVシステムは、9月にタイで発売したホンダ「シティCNG」に、天然ガスとガソリンの2種類を燃料するバイフューエルシステムとして納入開始した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集