【ダイハツ ハイゼット トラック 新型発表】フロントマスクに凝らした立体的効果

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
  • ダイハツ・ハイゼット トラック
フルモデルチェンジしたダイハツ『ハイゼットトラック』のエクステリアデザインは、いかに立体感を持たせるかが課題だったという。

そう話すのは、同社デザイン部デザイン室課長の岡野守展さん。「軽自動車は(法規上の)サイズが決まっているので、デザイン代として使える寸法はほんのわずかだ。その中でしっかりとした印象を持たせるために、立体感にこだわりながらデザインした」と話す。

「例えばバンパーの一番下の部分はほとんど直線だが、折りを付けるなどして少しでも立体的に見えるように工夫している」。さらに、フロントエンブレム下の、フロントマスクに当たる部分は、「わずかにU字型にし、若干中央部分を下げることで、表面のカーブがゆったり見えるように操作している。ちなみに(U字ではなく)直線にすると逆に“への字”に見えてしまう。こういった表現が非常に苦労した」と説明。

そのほかに苦労した部分としては、ヘッドライトがあげられると岡野さん。「ヘッドライトを取り付けたとき、本体がきちんとボディに収まるかどうかが難しかった」と述べる。つまり、室内スペースが限られることから、奥行きが足りなくなり、ヘッドライト本体が収まらないことが懸念されたのだ。

結果的にはレンズが少しだけ前に出てしまった。岡野さんは、「その出っ張ったところをいかに違和感のないように見せるかも苦労した」といい、ボディサイズを死守しつつ、立体感を持たせながらも、違和感を排除していったことを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集