データシステム、汎用タイプのサイドビューカメラを発売…高感度CMOS搭載

自動車 テクノロジー 安全

データシステム・汎用サイドビューカメラ「SVC260」
  • データシステム・汎用サイドビューカメラ「SVC260」
データシステムは、幅広い車種に対応した汎用タイプのサイドビューカメラ「SVC260」を9月10日より発売した。

新製品は、暗い場所でも障害物が見やすい、高感度スーパーCMOSセンサーを搭載。視認性の高い高画質設計で、死角になりやすい車両側面をモニターで確認、安全運転をサポートする。

また、汎用性のある形状のカメラカバーを採用し、多くの車種の左右どちらのドアミラーにも装着可能。取り付け位置や映したい方向に合わせてカメラの向きを変えられる、特殊なボール構造の角度調整機能も備えている。
価格は1万5984円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集