【光岡 ヒミコ クレイジータイマー 発表】上層部からダメ出しの末に完成

自動車 ニューモデル 新型車

光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
  • 光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
  • 光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
  • 光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
  • 光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
  • 光岡自動車 青木孝憲 開発課課長
  • 光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
  • 光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
  • 光岡自動車・ヒミコ クレイジータイマー
光岡自動車は9月10日、伊勢丹との共同企画による特別仕様車『ヒミコ クレイジータイマー』を伊勢丹新宿店で9月23日までの期間および20台の限定で販売すると発表した。消費税込み価格は599万4000円。

開発責任者の青木孝憲開発課課長は、「ヒミコ クレイジータイマーの企画にあたり30くらいの案を出したが、光岡進会長ら上層部から『型にはまった、常識的な発想でどうするのか、大手やみんながやるような仕様や企画で何が面白いのか』、と大変叱咤激励を受けた」と明かす。

また「『ヒーローになるな、ヒールになれ』という言葉をもらった。お客様が見た瞬間に驚くような発想力、遊び心、やんちゃな気持ち、これが光岡だろうということに目が覚め、それからクレイジータイマーというのが浮かんできた。クレイジーというのはネガティブなイメージではなくて、超越したクールな格好よさをクレイジーだなと表現するように、僕ら自身がまずクレイジーでこの企画を楽しみながら、このデザインに至った」と振り返る。

その上で「ヒミコ クレイジータイマーに乗ることによって、忘れかけていた子供の頃の自由な発想とか、やんちゃな発想、光岡らしさを取り戻したい、クレイジーな時間を取り戻したいということで名付けた」と述べた。

具体的なクレイジーな部分としては「まずネオンのような輝くグリーン。新宿という場所柄にも合ったカオス的な色を表現したくて、この輝くようなネオングリーンパールを採用した。通常私どもの塗装工程は手作業で3日ほどかけて行うが、このネオン感を出すのに倍の7日間かけて職人が手塗りで丁寧に塗っている。日本人ならではのまじめさ、修練さで表現できた色だと思う」と説明。

さらに「内装はシート表皮にクロコダイル調の合皮を採用した。大人の遊び心アイテムとして認知されているクロコダイルを再現して内装に展開している。それからシフトゲートのパネル、パーキングブレーキのノブに、『マクミラン』という伊勢丹さんの誰もが知っているカラー、意匠を転写して表現した。遊び心があって、ちょっとやんちゃな中にも、そういうささやかな、ちょっとかわいらしいところを持った車に仕上げている」と話した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集