日米の鉄道博物館、姉妹館提携の調印式を実施

日本の鉄道博物館(さいたま市大宮区)は9月8日、米国メリーランド州ボルティモア市のボルティモア&オハイオ鉄道博物館で、同館との姉妹館提携の調印式を行ったと発表した。

鉄道 エンタメ・イベント
日本の鉄道博物館と米国ボルティモア&オハイオ鉄道博物館は9月5日、姉妹館提携の調印式を行った。写真は提携文書に調印したウィルソン館長(中央左)と大信田館長(中央右)。
  • 日本の鉄道博物館と米国ボルティモア&オハイオ鉄道博物館は9月5日、姉妹館提携の調印式を行った。写真は提携文書に調印したウィルソン館長(中央左)と大信田館長(中央右)。
  • 調印式にはボルティモア市のステファニー・ブレイク市長(左から2番目)や、東日本鉄道文化財団の清野智理事長(右から2番目)も参加した。
日本の鉄道博物館(さいたま市大宮区)は9月8日、米国メリーランド州ボルティモア市のボルティモア&オハイオ鉄道博物館で、同館との姉妹館提携の調印式を行ったと発表した。

鉄道博物館によると、調印式は現地時間の9月5日11時から11時30分まで実施。ボルティモア&オハイオ鉄道博物館のコートニー・ウィルソン館長と、鉄道博物館の大信田尚樹館長が姉妹館提携文書に署名し、記念銘鈑が披露された。

ウィルソン館長は今回の提携について「鉄道遺産を国際的に維持し理解を深めるもの」と話し、大信田館長も提携を機に「より一層の交流を行っていきたい」と述べた。

ボルティモア&オハイオ鉄道博物館は米国最古の鉄道博物館。2013年に日本で開催された「世界鉄道博物館会議」にも参加している。日本の鉄道博物館の姉妹館提携は、英国の国立鉄道博物館に続き2館目。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集