フォード、英国で250名追加雇用…新世代ディーゼル生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

フォードモーターの英国ダゲナム・エンジン工場
  • フォードモーターの英国ダゲナム・エンジン工場
米国の自動車大手、フォードモーターは9月2日、英国ダゲナムのエンジン工場に、250名を追加雇用すると発表した。

今回の追加雇用は、同工場において、環境性能に優れる次世代ディーゼルエンジンの生産を開始するための準備として、行うもの。

フォードモーターはこのエンジンの開発に、3億8000万ポンド(約658億円)以上を投資。この投資の中には、英国政府からの補助金も含まれる。

次世代ディーゼルエンジンは、排気量が2.0リットル。2015年内に同工場で生産を開始し、年産35万基を見込む。フォードの市販車には、2016年から搭載される予定。

追加雇用によって、英国内の従業員総数は、1万3500名以上に増えることに。英国フォードのマーク・オベンデン会長は、「今回の追加雇用は、英国に対するフォードのコミットメントを示すもの」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集