12万5000組から誕生するスター…「LINEオーディション」審査進む

エンターテインメント 話題

「LINE オーディション」サイト
  • 「LINE オーディション」サイト
  • 投票イメージ
 LINEとソニー・ミュージックエンタテインメントが実施しているオーディションプロジェクト「LINEオーディション」は、3日より、ユーザー投票審査を開始する。

 「LINEオーディション」は、LINE公式アカウントを使うことで、LINEユーザーなら誰でも簡単に応募・投票が可能なオーディションとなっている。第一弾として、7月15日よりジャンル不問の“スター候補”(歌手・グループ、俳優、タレント、アイドル、ダンサー、パフォーマー、お笑い、その他)の募集を実施。

 その結果、国内最大規模となる125,094組の応募が集まったという。送付データの審査、動画通話審査、対面審査を行い、最終的に40組が選考に残っている。サイトでは現在、残った40組の動画も公開中だ。明日3日からは、13日9:00までの10日間にわたり、4次審査として、LINEユーザーによる投票審査を実施し、16組を選出する。

 投票は、LINEオーディション公式アカウント(@lineaudition)のトークから、投票用パネルをタッチしお気に入りの1組を選択することで可能。

 その後は、9月末に選考通過者を集めて行うミッション審査を実施し、16組のなかから決勝進出組を選出。そして、10月26日に開催を予定している決勝審査イベントにて、グランプリが決定する予定だ。

LINEでスターを決めるオーディション、3日からユーザー投票審査

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース