マルチスズキ、シアズ 発売…インドで最も燃費のいいセダン

自動車 ニューモデル 新型車
マルチスズキ シアズ
  • マルチスズキ シアズ
インドの乗用車市場で、最も高いシェアを握るスズキの子会社、マルチスズキは9月2日、新型車の『シアズ』のインド国内受注を開始した。

マルチスズキは2014年2月、デリーモーターショー14において、コンセプトカーのシアズ(CIAZ)をインド初公開。シアズは2013年4月、上海モーターショー13において、『オーセンティックス』の名前でワールドプレミア。デリーモーターショー14では、シアズに車名を改め、インド初公開を果たした。

今回、インドで受注を開始したシアズは、コンセプトカーの市販版。コンセプトカーに対して、バンパーやヘッドライトなど、細部のデザインを変更。インドでは、ミッドサイズのプレミアムセダンとして販売される。

搭載エンジンは、ガソリンとディーゼル。ガソリンは、「K14」型で、VVTを装備。インドでの燃費は20.73km/リットルで、マルチスズキによると、同クラスのセダン(ガソリン仕様)で最高燃費という。

ディーゼルは、「DDiS200」型で、インドでの燃費は26.21km/リットル。マルチスズキは、「インドで最も燃費のいいセダン」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集