南海、日中の空港急行増発…10月18日ダイヤ改正

鉄道 企業動向

南海は10月18日にダイヤ改正を実施。特急『ラピート』は停車駅が多いβ7本が速達タイプのαに置き換わる。
  • 南海は10月18日にダイヤ改正を実施。特急『ラピート』は停車駅が多いβ7本が速達タイプのαに置き換わる。
  • 日中の空港急行は現在の1時間あたり2本が倍の4本になる。
  • 特急『サザン』は10月ダイヤ改正で新たに和歌山大学前駅に停車する。
南海電気鉄道は9月2日、南海本線と空港線のダイヤ改正を10月18日に実施すると発表した。関西国際空港方面や和歌山方面へのアクセスを改善する。

関西空港方面は、特急『ラピート』のうち停車駅が多いラピートβについて、難波6時発と関西空港20時05分発以降の7本を速達タイプのラピートαに変更し、所要時間を最大4分短縮する。βからαに種別変更される『ラピート』は堺・岸和田両駅が通過となり、停車駅は難波・新今宮・天下茶屋・泉佐野・りんくうタウン・関西空港になる。

また、10~15時台の空港急行を1時間当たり2本から4本とし、所要時間も最大4分短縮の44分とする。関西空港駅からの終列車は現在、23時29分発の難波行き空港急行だが、この後に23時40分発の普通列車を増発する。

和歌山方面では、特急『サザン』が終日、和歌山大学前駅に停車。普通列車は10~15時台に和歌山市駅を発着する列車を1時間当たり2本から4本に増やす。このほか、高師浜線と多奈川線、加太線、和歌山港線のダイヤも一部変更される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集