グルメ杵屋、マレーシアに進出へ

飲食業を手掛けるグルメ杵屋(本社・大阪)は1日、日本国内で展開している丼(どんぶり)業態のフランチャイズ展開を図るためマレーシアに進出すると発表した。

エマージング・マーケット 東南アジア
飲食業を手掛けるグルメ杵屋(本社・大阪)は1日、日本国内で展開している丼(どんぶり)業態のフランチャイズ展開を図るためマレーシアに進出すると発表した。

グルメ杵屋は、マレーシアにおける出店に関してサジ・ブミ社と基本合意書を締結した。サジ・ブミ社は、マレーシアの空港を中心に「サテ・クラブ」や「ザ・オリーブ・ツリー」、「マラヤ・コピティアム」など25店舗以上の飲食店を展開している。従業員数は約200人。グルメ杵屋は1店舗の出店について、詳細が決定次第発表する。

同社は日本においてうどんやそば、洋食、丼・和食、韓国・アジアなどの飲食店を展開している。
広瀬やよい