日産濱口氏が「企業広報功労・奨励賞」を受賞

経済広報センター(会長・榊原定征日本経団連会長)による企業広報賞の表彰式が9月2日、東京都千代田区の経団連会館で開かれ、日産自動車の濱口貞行国内企業・商品広報部長が「企業広報功労・奨励賞」を受賞した。

自動車 ビジネス
受賞する濱口貞行氏(左)
  • 受賞する濱口貞行氏(左)
  • 表彰式後の記念撮影(後列中央が濱口氏)
  • 受賞後に挨拶する濱口氏
経済広報センター(会長・榊原定征日本経団連会長)による企業広報賞の表彰式が9月2日、東京都千代田区の経団連会館で開かれ、日産自動車の濱口貞行国内企業・商品広報部長が「企業広報功労・奨励賞」を受賞した。

この顕彰制度は、企業や広報実務者らを対象に毎年実施しているもので、今年で30回目を迎えた。濱口氏の受賞理由は、「24年にわたる広報担当としてのメディア対応で、厳しい状況下でも迅速かつ一貫性をもって情報公開に努めた姿勢」が挙げられ、経営危機や仏ルノーとの提携といった激動期にも日産の広報を支えた功績が評価された。

今回は同氏をはじめ個人4名、および「企業広報大賞」の森ビルが受賞した。式で挨拶した濱口氏は「昨年は当社が企業広報大賞をいただいたばかりであり、大変嬉しく思う。私自身、受賞できるような資格はないと思っているが、これを機に皆様からさらにご支援いただける広報チームになれるよう、広報部員とともに努めていきたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集