GM の中国合弁、上海 GM 北盛…新型 クルーズ 生産開始

自動車 ビジネス 企業動向
上海GM北盛汽車の瀋陽工場で生産が開始された新型シボレークルーズ
  • 上海GM北盛汽車の瀋陽工場で生産が開始された新型シボレークルーズ
米国の自動車最大手、GMの中国合弁、上海GM北盛汽車は8月18日、新型シボレー『クルーズ』の現地生産を開始した。

上海GM北盛汽車は2004年に設立。上海GMが50%を出資し、GMと上海汽車(SAIC)が残りの25%ずつを出資。3社の合弁で設立された。上海GM北盛汽車の主な生産車種は、ビュイック『GL8』、シボレー『キャプティバ』、クルーズ。

8月18日、上海GM北盛汽車の遼寧省瀋陽市の工場では、新型シボレー クルーズの生産を開始。新型クルーズは2014年4月、北京モーターショー14で初公開。クルーズは、シボレーブランドのグローバル主力コンパクトカー。中国仕様が先行モデルチェンジを受けた。

新型クルーズは、瀋陽工場の第3工場の開業に合わせて、生産を開始。第3工場は、年間30万台、エンジン45万基の生産能力を備え、最大で3種類の車台の5車種を組み立てることが可能。

8月18日、新型クルーズの生産に合わせて、上海GM北盛汽車は2004年の設立から、10周年を迎えたと発表。第3工場の稼働により、同工場全体では、年間50万台の生産を可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集