大雨で一部不通の宗谷本線、26日早朝に全区間再開

鉄道 企業動向
8月24日からの大雨の影響で一部区間の運転を見合わせていたJR北海道の宗谷本線は、26日早朝から全区間の運転を再開した。

国土交通省によると、同線は8月24日の大雨の影響で、同日6時15分に幌延~稚内間、8時58分から名寄~幌延間の運転をそれぞれ休止。下沼~豊富間と歌内駅で線路が冠水したほか、日進~北星間と智北~南美深間で盛土崩壊、筬島~佐久間で土砂流入が発生した。

幌延~稚内間は25日14時12分に再開し、残る名寄~幌延間も26日3時39分に再開した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 宗谷本線で土砂災害…名寄~幌延間で運転見合わせ 画像 宗谷本線で土砂災害…名寄~幌延間で運転見合わせ
  • 広島土砂災害、芸備線は再開…可部線は一部運休続く 画像 広島土砂災害、芸備線は再開…可部線は一部運休続く
  • JR北海道、倶知安駅110周年で記念切符発売…写真展も実施 画像 JR北海道、倶知安駅110周年で記念切符発売…写真展も実施
  • JR北海道、711系引退で記念切符2種類発売 画像 JR北海道、711系引退で記念切符2種類発売

特集