【北京オール・イン・チューニング14】KYB・テイン、初出展の日本ブランド…異なる戦略でシェア拡大狙う

自動車 ビジネス 海外マーケット
北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
中国・北京で8月9日から11日まで開催された「オール・イン・チューニング 2014」。日本からはKYB、テインのサスペンションメーカ2社が、初めてAITにブースを構えた。

テインは、今年末に中国工場が完成する。現地生産とすることで、高品位かつ低価格化をはかり、中国でのシェア拡大を目指す。テインの藤本吉郎専務によれば「既に中国ローカルの自動車メーカーからOEMの開発も受注している」とのこと。

一方KYBはこれまで中国では、補修用サスペンションの供給がメインであったが、今後はスポーツ用サスペンションの市場拡大も目指す。世界的OEMブランドとしてのネームバリューを生かし、今後も高品質の“メイド・イン・ジャパン”にこだわり、シェア拡大をはかる構えだ。
《阿部哲也》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース