ランボルギーニCEO、就任10年を振り返る…様々なチャレンジが出来てラッキーだった

自動車 ビジネス 企業動向
アウトモビリ・ランボルギーニ代表兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏
  • アウトモビリ・ランボルギーニ代表兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニ『ウラカン』の日本デビューに際し、本国よりCEOが来日。2005年に就任してからの約10年を振り返った。

「ランボルギーニは、2種類のスーパースポーツカーを製造、販売するというコアなビジネス以外にも、様々なこと(ディーラーネットワークの拡大や、マーチャンダイズ、レースなど)が出来るチャンスがある会社なので、そういった会社の社長を務めることが出来て本当にラッキーだと思っている」とは、アウトモビリ・ランボルギーニ代表兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏の弁。

「私が就任する以前、ランボルギーニは、GTや2+2、SUVなど様々なタイプのクルマを作ってきた。しかし、ランボルギーニのような小さい会社が、あるモデルから別のモデルに(ラインナップを)変更しようとしても、そう簡単には行かない」と話す。つまり、「開発から製品化へのアプローチが全く違い、また、大掛かりな投資も必要だ。これを、ランボルギーニのような小さな会社で成し遂げることは、そう簡単なことではないのだ。これが、クルマの製造という面での10年だった」と振り返る。そのことから、様々なモデルラインナップをやめ、『ガヤルド』と『アヴェンタドール』の2モデルに絞ったのだ。

ブランドいう視点でもヴィンケルマン氏は「“世界中でドアを開くような存在”になった」という。ディーラーネットワークを倍増、新市場への参入、さらにコーポレートアイデンティティやコーポレートデザインを取り入れるなど、様々な改善がこれを実現、ランボルギーニのブランドを揺るぎないものとした。

「2000年くらいにはほとんど何もなかったところから、ある程度ブランドとしての形が出来て来たと思う。そして現在では、“先見性”、“最新”、“ピュア”という3つのキーワードを掲げ、あらゆる分野でこのキーワードが達成できている。会社という意味でも、商品という意味でも以前に比べると、より広いお客様に対しアプローチが出来るようになったと考えている」(ヴィンケルマン氏)
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【インタビュー】ガヤルド から10年、顧客の志向性は変わった…ランボルギーニ ヴィンケルマンCEO 画像 【インタビュー】ガヤルド から10年、顧客の志向性は変わった…ランボルギーニ ヴィンケルマンCEO
  • 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】初のデュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載…公道も快適に走るスーパーカー 画像 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】初のデュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載…公道も快適に走るスーパーカー
  • 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】ヴィンケルマンCEO、驚きの派生モデル登場を予告 画像 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】ヴィンケルマンCEO、驚きの派生モデル登場を予告
  • ランボルギーニ の新型SUV、2017年末までに登場 画像 ランボルギーニ の新型SUV、2017年末までに登場

特集

おすすめのニュース