阪堺電軌「堺トラム」、3編成目の名は「青らん」…来春運転開始へ

鉄道 行政
阪堺電軌「堺トラム」の3編成目となる「青らん」のイメージ。2015年春から運転を開始する予定。
  • 阪堺電軌「堺トラム」の3編成目となる「青らん」のイメージ。2015年春から運転を開始する予定。
  • 2013年から運転を開始した1編成目の「茶ちゃ」。側面上部の塗装は編成ごとに異なっており、「茶ちゃ」は緑色となっている。
  • 今年3月から運転を開始した2編成目の「紫おん」は、側面上部の塗装が紫色になっている。
堺市はこのほど、同市内などを走る阪堺電気軌道の新型車両1001形「堺トラム」の3編成目の呼称が、公募により「青らん(せいらん)」に決まったと発表した。2015年春から営業運転を開始する予定。

「堺トラム」は2013年8月に1編成目が運転を開始した3車体連接構造の超低床電車。編成ごとに公募によって選ばれた呼称があるほか、側面上部の塗装が異なり、最初の編成は緑色の「茶ちゃ」、今年3月に登場した2編成目は紫色の塗装で「紫おん(しおん)」の名がついている。

3編成目の塗装については、5月に「堺発展の象徴である海の青さ」「堺市の市旗の色」「かつて東洋一といわれた浜寺の海水浴場をイメージする色」として青に決定。呼称は6月に一般公募し、731件の応募のうちから「青らん」に決定した。

選考の理由として同市は、青色を表現した呼称であることや「『せいらん』という響きが良いこと」「日本の伝統色である『青藍』が堺市の市旗の色に近く、『らん』が『走る』『藍』といった様々な意味を持ち、今回の堺トラムをイメージさせること」などを挙げている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

  • 阪堺電軌、カレンダー写真のコンテスト開催中 画像 阪堺電軌、カレンダー写真のコンテスト開催中
  • 万葉線、「電車まつり」で鉄道総研ハイブリッド電車を公開…7月21日 画像 万葉線、「電車まつり」で鉄道総研ハイブリッド電車を公開…7月21日
  • SF映画に出てきそう?ロシアの新型路面電車公開 画像 SF映画に出てきそう?ロシアの新型路面電車公開
  • 富山駅高架下の停留場は「富山駅」に…路面電車の南北接続事業 画像 富山駅高架下の停留場は「富山駅」に…路面電車の南北接続事業
  • 広島電鉄の1000形増備車、2月から運行開始 画像 広島電鉄の1000形増備車、2月から運行開始

特集