【IIHS衝突安全】マツダ プレマシー、スモールオーバーラップテストで最低評価に

自動車 テクノロジー 安全
マツダ プレマシーのIIHSスモールオーバーラップ衝突テスト
  • マツダ プレマシーのIIHSスモールオーバーラップ衝突テスト
  • マツダ プレマシーのIIHSスモールオーバーラップ衝突テスト
  • マツダ プレマシーのIIHSスモールオーバーラップ衝突テスト
  • マツダ プレマシーのIIHSスモールオーバーラップ衝突テスト
マツダのミニバン、『プレマシー』。同車が、米国で行われた新方式の衝突テストで、厳しい評価を受けた。

これは7月30日、米国IIHS(道路安全保険協会)が公表したもの。『マツダ5』(日本名:プレマシー)の2014年モデルに、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストを実施。その結果、4段階評価で最低の「POOR」(不可)判定が下された。

IIHSのスモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて、固定バリアにぶつける。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだが、車両のメインフレームよりも外側に大きな衝撃がかかるため、厳しい判定を下されるモデルが多い。なお、プレマシーがこのテストを受けるのは、今回が初めて。

プレマシーの2014年モデルのスモールオーバーラップテストの結果は、ダミー人形の頭/首、胸への傷害レベルが最小限で、4段階評価で最高のGOOD(優)。しかし、大腿部と脚への傷害レベルは、4段階評価で最低のPOOR(不可)となった。

また、ボディの安全構造に対する評価は、4段階評価で最低のPOOR(不可)。IIHSはプレマシーのスモールオーバーラップテストに関して、下側のヒンジピラー部分の室内へのせり出しが35cmと大きく、ドライバーの下半身に傷害を与える可能性が高い点などを指摘した。

この結果、プレマシーはスモールオーバーラップテストの評価が、最低のPOOR(不可)に。IIHSのジョー・ノーラン氏は、「プレマシーのスモールオーバーラップテストでは、ボディ構造と安全装備に課題が見つかった」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集