Yahoo!カーナビ、“純国産”パートナーで潜在ユーザー1700万人に訴求

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
  • ヤフー、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表
7月31日、スマートフォン向けナビアプリ『Yahoo!カーナビ』を発表したヤフー。ターゲットとなるユーザーについて、同社システム統括本部マップイノベーションセンター長の石田幸央氏は「1700万人が潜在ユーザーになる」との見方を示した。

この1700万人は、現在、日本のクルマの潜在市場推計が約1853万台、スマホの利用者の中で車載カーナビを利用する人が1689万人であることから推定したもの。

車や電車、徒歩、移動にかかる時間について、ヤフーが独自に調査した結果によると、車での移動時間に関して、東京23区では50%程度なものの、政令指定都市では78%、都市近郊市では90%、地方市町村などでは94%、日本人全体として車での移動時間は86%になるという。

これらの数字を受けて、石田氏は「我々が本格的にクルマでの移動を支援するサービスを提供すべきであると考えた、『Yahoo!カーナビ』によって地方ユーザーの移動に関する課題を解決できる」とヤフーがカーナビ市場に参入する理由について述べた。

加えて「パートナー企業は全て日本の企業で純国産のカーナビを実現した」と海外ナビアプリとの違いを強調、今後については「お得なクーポンの発行など、利用者や移動の目的地にある施設、双方にメリットがあるサービスを提供していきたい」と、国内パートナー企業と連携したサービスで利用時間の奪還を目指すという。
《》

編集部おすすめのニュース

  • ヤフー、無料カーナビアプリを発表…渋滞情報や駐車場の満空、ガソリン価格情報にも対応 画像 ヤフー、無料カーナビアプリを発表…渋滞情報や駐車場の満空、ガソリン価格情報にも対応
  • Yahoo!カーナビとe燃費が連携、無料ナビアプリでリアルタイムガソリン価格情報 画像 Yahoo!カーナビとe燃費が連携、無料ナビアプリでリアルタイムガソリン価格情報
  • 愛車燃費管理サービス「e燃費」アプリがVer2.0にアップデート、写真投稿のみで燃費記録が可能に 画像 愛車燃費管理サービス「e燃費」アプリがVer2.0にアップデート、写真投稿のみで燃費記録が可能に

特集