富士重の第1四半期決算…売上・利益・販売台数ともに過去最高を記録

自動車 ビジネス 企業動向
スバル フォレスター(米国仕様・2015y)
  • スバル フォレスター(米国仕様・2015y)
  • スバル・インプレッサ スポーツ
富士重工業は7月31日、2014年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は5934億円(前年同期比+8.5%)、営業利益は787億円(+13.0%)、経常利益は806億円(+24.9%)、四半期純利益は522億円(+7.8%)だった。

スバル車の国内販売は、消費税増税の影響を受け、登録車、軽自動車ともに前年を下回り、同33.2%減の2万7000台となった。一方、海外販売は、『フォレスター』の販売が引き続き好調に推移したことに加え、新型『WRX』が好調なスタートを切り、北米市場では同6.4%増の12万3000台、海外販売合計は同10.7%増の16万6000台と伸長した。この結果、全世界合計の販売台数は同1.3%増の19万4000台となった。

連結売上高は、販売台数の増加と為替変動の影響等により、同8.5%増の5934億円となり、売上高、海外販売台数、全世界販売台数は第1四半期として過去最高となった。

損益は、販売の伸長に伴う販売管理費の増加や、今後の成長に向けた試験研究費の増加等を、為替変動の影響や売上構成の改善、原価低減の進捗等で吸収し、増益となった。営業利益、経常利益、当期純利益ともに第1四半期として過去最高となった。

通期連結業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 富士重工の第1四半期決算…高橋専務「期初計画に若干ビハインド」 画像 富士重工の第1四半期決算…高橋専務「期初計画に若干ビハインド」
  • デンソー第1四半期決算…研究開発費増加などで、営業益16.7%減 画像 デンソー第1四半期決算…研究開発費増加などで、営業益16.7%減
  • 三菱自の第1四半期決算…営業利益310億円、野田常務「ほぼ想定どおりのスタート」 画像 三菱自の第1四半期決算…営業利益310億円、野田常務「ほぼ想定どおりのスタート」
  • ホンダ第1四半期決算…四輪・二輪ともに好調で営業益7.1%増 画像 ホンダ第1四半期決算…四輪・二輪ともに好調で営業益7.1%増

特集