越後線内野駅が橋上化…「日本海の波」イメージ

鉄道 企業動向
9月27日から橋上化される内野駅舎の完成イメージ。駅舎の屋根は「日本海の重なり合う波」を表現しているという。
  • 9月27日から橋上化される内野駅舎の完成イメージ。駅舎の屋根は「日本海の重なり合う波」を表現しているという。
  • 9月27日から橋上化される内野駅舎の完成イメージ。駅前広場は2017年春の使用開始を予定している。
JR東日本新潟支社は7月23日、駅舎の橋上化工事を進めてきた越後線内野駅(新潟市西区)について、9月27日の初発から橋上駅舎の使用を開始すると発表した。

同駅の橋上化工事は2012年10月に着工。新しい駅舎の屋根は「日本海の重なり合う波」を表現し、外壁は桜色と花びらのモチーフを用いた。また、エレベーターや多機能トイレ、触知案内板などを設けてバリアフリーに対応した。

新駅舎の使用開始に伴い、新潟市の施設として工事が進められている自由通路も9月27日から暫定的に使用を開始。その後も自由通路と駅前広場の整備が進められ、2017年春の使用開始を予定している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース