【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】自然吸気にこだわったV10…新技術で高出力、低燃費を実現

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
イタリアのスーパーカーブランド、ランボルギーニは7月17日、新型『ウラカン LP610-4』を日本で発売した。搭載されるパワーユニットは5.2リットルV型10気筒自然吸気エンジン。このユニットにはランボルギーニ初の新技術が採用されている。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン代表兼CEOは「ウラカンには、本能を呼び覚ますテクノロジーを注ぎ込んだ」と語る。

エンジンについてヴィンケルマンCEOは「エンジンの基本仕様は自然吸気のV10ユニットであることにこだわった。ウラカンのパワーユニットには新しい試みとして「イニエツィオーネ・ディレッタ・ストラティフィカータ(IDS)」という二次燃料噴射システムを採用している」とコメントした。

このIDSは、エンジンが低回転・低加重時に燃料を間接的にマニフォールドに噴射し、燃料消費と微粒子の排出を抑える。そして高回転・高加重時には燃料を直接燃焼室に噴射し、このときに発生するスワール流で気筒壁面を冷却、これにより12.7:1という高い圧縮比となる。ガソリンの直接噴射とポート噴射を融合し、『ガヤルド』に比べ出力とトルクを向上させ、かつ低燃費、低排出ガス実現する技術である。

ヴィンケルマンCEOは「低回転域から分厚いトルクを発生するこのパワーユニットは、非常にランボルギーニらしさに溢れている」と語った。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】ヴィンケルマンCEO「本能呼び覚ますテクノロジー」 画像 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】ヴィンケルマンCEO「本能呼び覚ますテクノロジー」
  • 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】ヴィンケルマンCEO、驚きの派生モデル登場を予告 画像 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】ヴィンケルマンCEO、驚きの派生モデル登場を予告
  • 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】時速100kmまで3.2秒…伊スーパーカー新型は2750万円 画像 【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】時速100kmまで3.2秒…伊スーパーカー新型は2750万円
  • ランボルギーニの新型スーパーカー、ウラカン …レーシングカーを予告 画像 ランボルギーニの新型スーパーカー、ウラカン …レーシングカーを予告

特集

おすすめのニュース