【ヤマハ トリシティ 発表】柳社長、3輪バイクを2017年までに3~4機種投入へ

モーターサイクル 新型車
ヤマハ発動機 トリシティ MW125 発表会
  • ヤマハ発動機 トリシティ MW125 発表会
  • ヤマハ発動機 トリシティ MW125 発表会
  • ヤマハ発動機 トリシティ MW125 発表会
  • ヤマハ発動機 トリシティ MW125 発表会
  • ヤマハ発動機 柳弘之 社長
  • ヤマハ発動機 トリシティ MW125 発表会
ヤマハ発動機の柳弘之社長は7月1日に都内で開いた3輪バイク『トリシティ MW125』発表会で2017年までに3輪バイクを3~4機種にまで拡大する方針を明らかにした。

柳社長は「第3の移動体、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)、トリシティを提案する。第3の移動体は2輪、4輪にはない新しい価値、今までにない走りの驚き、楽しさを提供する乗り物」と強調。

さらに「トリシティはお客様を広げる。ヤマハの提供するLMWの世界は広がっていく、ユーティリティからスポーツへ、コミューターからレジャーへ幅広いラインアップで新しい市場を造り出していく」と述べた。

また柳社長は2017年までに3輪バイクをグローバルで年間10万台販売する計画を明らかにした上で「LMWという定義の乗り物は、(125ccよりも)上の方にどんどん広がっていく。(17年までには)最低3~4機種投入する計画。」と語った。

ヤマハは125ccエンジンを搭載したトリシティ MW125を9月10日から国内で販売を開始する。すでにトリシティ MW125の生産国であるタイで販売を開始しているほか、欧州にも投入する計画。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【スマートコミュニティ14】佐賀発、電動3輪車…前輪インホイールモーター駆動 画像 【スマートコミュニティ14】佐賀発、電動3輪車…前輪インホイールモーター駆動
  • 【地球温暖化防止展14】3輪電動バイク、実用化に大きく前進 画像 【地球温暖化防止展14】3輪電動バイク、実用化に大きく前進
  • 「手作り3輪車からの起業」気鋭ベンチャーが資金調達中 画像 「手作り3輪車からの起業」気鋭ベンチャーが資金調達中

特集