【ヤマハ トリシティ 発表】柳社長「2017年にグローバルで10万台を」

モーターサイクル 新型車

ヤマハ トリシティ MW125と柳弘之社長
  • ヤマハ トリシティ MW125と柳弘之社長
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハは同社初の三輪ATバイク トリシティMW125を発売した
  • ヤマハ トリシティ MW125
ヤマハ発動機は7月1日、東京で新タイプの3輪ATバイク『トリシティ MW125』の発表会を開いた。日本では9月10日に発売し、年7000台の販売を計画している。

排気量125ccで、本体価格は33万円(税込み35万6400円)。今年4月に生産・販売開始したタイに次ぐ市場投入であり、日本向けもタイ工場で生産する。同社がLMW(リーニング・マルチ・ホイール)と呼ぶ3輪以上の車両の第1弾となる。

発表会で柳弘之社長は「2輪のお客様だけでなく、これまで2輪の経験がなかった方にも広めたい」と述べた。今夏には欧州での市場投入も計画している。柳社長は「アジアからグローバルに展開。2017年には10万台の販売をイメージしている」と、事業拡大に取り組む方針を表明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集