ソフトバンクモバイルと太平洋フェリー、公衆無線LANサービスを試験的に提供

船舶 企業動向

ソフトバンクと太平洋フェリー、公衆無線LANサービスを試験的に実施
  • ソフトバンクと太平洋フェリー、公衆無線LANサービスを試験的に実施
  • ソフトバンクと太平洋フェリー、公衆無線LANサービスを試験的に実施
ソフトバンクモバイルと、太平洋フェリーは、国内で初めて、航海中に衛星回線を使用してた公衆無線LANサービスを試験的に開始すると発表した。

今回提供する公衆無線LANサービスは、ソフトバンクモバイルが提供する衛星回線とWi-Fi設備を利用したサービス。

携帯電話の電波が届かなくなることが多い航海中の船上で、通信手段の確保、乗客の利便性の向上に寄与することを目的に、公衆無線LANサービスを提供する。トライアル期間中、「ソフトバンクWi-Fiスポット」の加入者は無料で利用できるほか、携帯各社のスマートフォンやタブレット端末などWi-Fi機能を持った端末があれば、事前に簡単な設定を行うだけで誰でも利用できる。

利用は無料。1回のアクセスで15分以内の利用が、1日4回まで可能。

トライアル期間の終了時期は未定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集