関西の鉄道25社局、優先席付近の携帯電話電源オフは「混雑時」に変更

鉄道 企業動向

JR西日本や近畿日本鉄道(近鉄)など関西の鉄軌道25社局は7月1日から、優先席付近での携帯電話の使用マナーに関する案内を変更する。

各社局は現在、携帯電話の電波が心臓ペースメーカーを誤動作させる恐れがあるとし、原則として優先席付近では携帯電話の電源を終日切るよう案内している。しかし総務省は2013年、ペースメーカーの改良などにより誤動作の可能性が低くなったことから「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」を改正。携帯電話と医療機器の距離指針を22cmから15cmに変更した。これを受けて関西の各社局は、混雑時のみ電源を切断するよう案内を変更することにした。

案内を変更するのはJR西日本と近鉄のほか、関西鉄道協会に加盟している阪神電気鉄道、阪急電鉄、京阪電気鉄道、南海電気鉄道、近江鉄道、信楽高原鐵道、京福電気鉄道、叡山電鉄、北近畿タンゴ鉄道、大阪府都市開発(7月1日から泉北高速鉄道に改称予定)、北大阪急行電鉄、大阪高速鉄道、阪堺電気軌道、水間鉄道、能勢電鉄、北神急行電鉄、神戸電鉄、山陽電気鉄道、神戸新交通、和歌山電鐵、大阪市交通局、神戸市交通局、京都市交通局。

7月1日以降は「優先座席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください」と案内。従来の案内に「混雑時には」というフレーズを付け加える。これまで列車編成中1両を「携帯電話電源オフ車両」としていた阪急電鉄と能勢電鉄、神戸電鉄、大阪市営地下鉄堺筋線も他の社局と同様、混雑時のみ優先席付近での電源切断を求める案内に変更する。

これに伴い、同様の趣旨の共同ポスターを駅や車内で掲出するほか、優先席付近でもステッカーを掲出する。通話については従来通り、混雑の度合いに関わらず遠慮するよう引き続き呼びかけていく。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集