富士急、8000系『フジサン特急』使用の車掌業務体験ツアー

鉄道 企業動向

7月12日から営業運転を開始する富士急行8000系『フジサン特急』のイメージ。7月26日に8000系を使用した車掌業務体験とリニア見学センターを組み合わせたツアーが行われる。
  • 7月12日から営業運転を開始する富士急行8000系『フジサン特急』のイメージ。7月26日に8000系を使用した車掌業務体験とリニア見学センターを組み合わせたツアーが行われる。
  • 7月26日のツアーでは8000系を使用した車掌業務体験を実施する。
  • 7月26日のツアーでは山梨県立リニア見学センターも訪れる。
富士急行が運営する富士山の総合情報サイト「フジヤマNAVI」は、乗り物をテーマにした日帰りツアー「時速500km/hの世界を体感!リニア見学センターと富士急行『新型フジサン特急』車掌なりきり体験」を7月26日に実施する。

7月12日から営業運転を開始する、8000系『フジサン特急』の展望車両に乗車。富士山駅と河口湖駅では、8000系を使用したドア操作やアナウンス体験、運転席での記念撮影を実施する。山梨県立リニア見学センターでは、ワークショップでのオリジナルプログラムとして新幹線N700Aペーパークラフトの制作を行う。

ツアーは新宿駅集合プランと富士山駅集合・大月駅解散プランの2種類を用意。旅行代金は新宿駅集合プランが大人9800円・子供(小学生)7800円、富士山駅集合プランが大人5800円・子供(小学生)4800円になる。募集人員は40人(最少催行人員25人)で、申込みは「フジヤマNAVI」で受け付けている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集