BMWジャパン、体験型ブランド発信基地を臨海副都心に来秋設立

自動車 ビジネス 企業動向

BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)
  • BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)
  • BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)
  • BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は6月27日、東京都臨海副都心の青海K区画に、体験型ブランド発信基地「BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)」を、2015年11月までを目処に設立すると発表した。

BMWグループ・モビリティ・センターは、体験型のブランド発信基地として、東京だけでなく、日本全国また海外に対して最新モデルや技術などの多彩な情報を発信することを目的に設立する。

新施設には、BMW、MINIおよびBMWモトラッド(二輪)の最新モデルを合計約50台規模で展示し、また、約100台の試乗車やレンタカーなどを取り揃え、BMWおよびMINIのブランドを身近に体験することができる。

また、最大500名規模の収容が可能なホールや多目的スペースを用意し、各種イベントの開催や、安全運転やエコ・ドライブにも焦点を当てたドライビング・トレーニング「BMW Driving Experience」の開催も可能となる。さらにカフェも併設し、誰でも寛げる空間を創出する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集