南海、みさき公園に子供向け鉄道体験施設…今秋設置へ

鉄道 企業動向
みさき公園に設置される鉄道体験施設のイメージ。今秋の開設を目指す。
  • みさき公園に設置される鉄道体験施設のイメージ。今秋の開設を目指す。
  • みさき公園に設置される鉄道体験施設のイメージ。10000系「サザン」など実際に使用されていた車両をカットモデルにして展示する。
南海電気鉄道はこのほど、みさき公園(大阪府岬町、南海本線みさき公園駅下車)に約1億5000万円かけて子供向けの鉄道体験施設を開設することを決めた。今秋のオープンに向け、施設の名称を募集している。

同社によると、鉄道体験施設はテント構造で、延床面積は約480平方m。「『触れる』『体験する』『学ぶ』を重視した展示構成」とし、10000系「サザン」など実際に使用されていた車両をカットモデルにして展示するほか、実車を用いた車掌体験や運転シミュレーターによる運転士体験ができるようにする。踏切施設を使用した交通ルールの教育・啓発活動なども順次実施する予定だ。

施設名称の募集テーマは「子ども向けの鉄道体験施設にふさわしい名称」。応募ははがきで受け付ける。募集期間は7月9日(当日消印有効)まで。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース