タタ、グジャラート州の「ナノ」工場を一時閉鎖…需要低下で

タタ・モーターズはグジャラート州サーナンドにある小型量販車『ナノ』の製造工場を35日から40日間閉鎖しているとエコノミックタイムスが報じた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
タタ・モーターズはグジャラート州サーナンドにある小型量販車『ナノ』の製造工場を35日から40日間閉鎖しているとエコノミックタイムスが報じた。

これはナノの需要の低下とそれに伴う在庫の増加、また今後の祝祭日シーズンに向けての新モデル開発準備のためである。

またサーナンド工場は、マルチ・スズキの『セレリオ』の競合車種となるハッチバックまたはコンパクトセダンの『カイト』の製造に向けて再編成している最中である。

ナノの製造台数は2014会計年度において2万1538台と、サーナンド工場の年間製造可能台数25万台の1割にも満たず、需要の低下を如実に表わしている。
編集部

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース