トヨタ豊田章男社長、TV「カンブリア宮殿」に出演…激動の5年間を語る 6月12日

自動車 ビジネス 企業動向
カンブリア宮殿に出演する豊田章男社長
  • カンブリア宮殿に出演する豊田章男社長
トヨタ自動車の豊田章男社長は、6月12日放送のTV東京系「カンブリア宮殿」に出演する。

放送開始から9年目となる「カンブリア宮殿」では、第1回で放送した日本最大の企業、トヨタ自動車を、90分拡大版で再び取り上げる。ゲストは社長の豊田章男氏。

豊田社長が就任した2009年6月以来、その後の5年間は苦難に満ちたものだった。リーマンショックによる赤字転落、世界規模のリコール問題、そして東日本大震災の発生。だが、トヨタはこのどん底から復活。2013年度の決算では売上高25兆円、6年ぶりに最高益を更新。年間販売台数ではVW、GMを押さえて世界で初めて1000万台を超えた。

スタジオでは、豊田社長が激動の5年間の内幕を、赤裸々に語る。さらに番組では、豊田社長が変革のキーワードとして唱え続けて来た「もっといいクルマをつくろう」に焦点を当て、改革の真髄と日本の車づくりの未来に迫る。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集