【ジャガー Fタイプ 試乗】轟くV8エグゾーストと躾の良い加速感…松下宏

試乗記 輸入車

ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
  • ジャガーFタイプ
『Fタイプ』はジャガーが久々に投入した2シーターのスポーツカーだ。オープンモデルから先に導入が始まった。

外観は見るからにスポーツカーらしいカッコ良さを備えている。ソフトトップを開けてオープンにしたときはもちろん、ルーフを閉じた状態でも良くまとまったデザインだ。

2シーターなので全長は短めに抑えられているが、全幅は1900mmを超える大柄なボディだ。運転席はスポーツカーらしいタイト感ではなく、むしろラグジュアリーな空間を感じさせる。

シフトレバーは通常のタイプで、ほかのジャガー車が採用するようなダイヤル式のセレクターではない。シフト操作自体はパドルを使うことになるので、まあどちらでも問題はない。

ボタンを押してエンジンを始動すると、けっこう大きなエンジン音が聞こえてくる。ジャガー・ランドローバーのV8エンジンは、元々静かなエンジンではないが、Fタイプのようなスポーツカーでは意識して音を聞かせるようだ。

走り出すとエンジン音は更に高まる。試乗した「V8 S」にはアクティブ・エグゾースト・システムが備えられていて、アクセルを踏み込んだときなど、バルブが開いて大きな排気音を聞かせてくれるのだ。オープンにして走るのが恥ずかしくなるくらいのエンジン音である。

V型8気筒5.0リットルのスーパーチャージャー仕様エンジンは、364kW/625N・mの強大なパワー&トルクを発生する。ジャガー・ランドローバーのいろいろな車種に搭載されているものだ。

オールアルミ製ボディなので比較的軽く作られているはずだが、それでも1810kgもあるFタイプのボディを余裕で引っ張る。ZF製の電子制御8速ATが滑らかに動力性能を引き出すので、荒々しいエンジン音の割にはしつけの良さを感じさせる加速感を示す。アクセルを踏み込めばとてつもなく速いのは言うまでもない。

足回りの安定感も高いレベルにある。ワイドトレッドに20インチのワイドタイヤを履くのに加え、V8 Sには電子制御式のアダプティブダンパーが装着されているからだ。乗り心地は相当に硬いのだけれど、その硬さがしっかりした安定感につながっているのが分かる。

1286万円の車両価格に加え、試乗車にはざっと250万円を超えるオプションが装着されていた。オープンカーであることを考えると、高級車好きのオーナーが3台目か4台目の所有車として選ぶクルマになるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

編集部おすすめのニュース

特集