PSA プジョーシトロエン、仏工場の生産再編へ…Bセグは国外移管

自動車 ビジネス 企業動向

PSAの仏ポワシー工場でラインオフした20万台目のシトロエンDS3
  • PSAの仏ポワシー工場でラインオフした20万台目のシトロエンDS3
フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエン。同社が、フランス国内での生産体制の再編を打ち出した。

これは5月22日、PSAプジョーシトロエンが労働組合と合意した内容を明らかにしたもの。同社が、2016年から実施予定のフランス国内工場における生産体制の再編計画を公表している。

生産体制の大きな柱となるのが、Bセグメント車のほとんどの生産を、フランス国内からフランス国外へと移管すること。

そして、フランス国内の工場は、CおよびDセグメント車の生産に特化する。一部Bセグメントのハイエンド車の生産は、フランスに残す。

PSAプジョーシトロエンは、「フランス国内でBセグメント車を生産しても、利益を生み出すのは難しい。また、Bセグメント車の生産をフランス国外へ移管しても、我々のコミットメントに影響は与えない」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集