インド国内、eコマース台頭でアマゾンの雇用30%増

エマージング・マーケット インド・南アジア

アマゾンやFlipkartといったインド国内外のeコマース業者が積極的にビジネスを拡大する中、これに伴う雇用も同様に拡大しており、今期だけで30%増、2~3年以内に5万人の雇用を生み出すと見られている。エコノミックタイムスが伝えた。

その勢いは2000年代に携帯電話の普及と共にそれに伴う雇用が激増した時と同様で、2014年から2015年にかけての会計年度がこの雇用成長の重要な転換点になると考えられている。

また職種は配送からデジタルマーケティング、セールス、オペレーション、データ解析など多岐にわたり、また様々な学歴や階級からも広く人材が求められる。

さらに報酬の面でも多業種より高額であるという調査結果もあるが、それはeコマースという業態の不安定さに起因するものである。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品